Butterfly Maiden〜Transformation
日々の出来事に感謝すること。幸せを感じること。よりよい人生を作り上げること。頑張ります!
2007 . 10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2007 . 12
アーカイブ
  • 2009年02月(1)
  • 2009年01月(1)
  • 2008年11月(3)
  • 2008年10月(4)
  • 2008年08月(5)
  • 2008年07月(2)
  • 2008年06月(3)
  • 2008年05月(5)
  • 2008年04月(8)
  • 2008年03月(3)
  • 2008年01月(2)
  • 2007年12月(1)
  • 2007年11月(13)
  • 2007年09月(2)
  • 2007年08月(9)
  • 2007年06月(2)
  • 2007年05月(12)
  • 2007年04月(18)
  • 2007年03月(23)
  • 2007年02月(16)

  • コメント
  • ももにる(11/06)
  • ひろみ(11/05)
  • ももにる(07/30)
  • やなぎはっか(07/23)
  • ももにる(07/08)
  • やなぎはっか(07/06)
  • やなぎはっか(07/04)

  • カテゴリー
  • 未分類 (1)
  • はじめに (4)
  • ももにるんち (13)
  • 食事 (19)
  • お掃除 (7)
  • スピリチュアルとか (6)
  • お買い物 (6)
  • つくること (24)
  • ほんわか (7)
  • おやつ (4)
  • シンプルライフ (19)
  • 練習 (1)
  • 道具 (4)
  • つぶやき (12)
  • なるほど♪ (3)
  • 本 (3)

  • リンク
  • SWEETSライフ・・・青い森の国から
  • 風のゆくえ
  • こてふらん

  • チュニック
    ももにるは洋服には疎いです。

    知っているのはワンピース、カーディガン、スーツ、ジャンバーなどなど・・・・洋装が入って以来の呼び名のものばかり。

    シンプルライフを目指してからのこの数年、婦人用の洋服売り場には近づかなかったため流行も知りませんでした。

    ファッション雑誌は見たことがなく、ファッション情報も興味なし。
    とはいえ、ここ数年町を歩いていると、暑いのにも関わらず若い人の間で重ね着が流行っているのに気がついていました。

    ももにるは、暑いのも寒いのも苦手。
    だから、暑い時期に重ね着なんてとんでもない。
    すぐに汗だらけ汗疹だらけになりそうなこのファッション、到底出来ないと思っていました。

    この夏もポロシャツやTシャツを一枚着るというスタイルで通しました。

    タイトルの「チュニック」という言葉を知ったのは、つい最近です。

    Wikipediaによれば、(現在の日本では)

    「ゆるやかな短めのワンピースのバリエーションで、丈が腰の位置から膝丈程度で、主に女性用のカジュアルな上衣。」

    こういったものは若い女の子が着るものだと決め付けていたももにる。
    絶対買うことはないと思っていました。


    夏が終わり商品が冬物に変わった頃に久しぶりにユニ○ロに立寄った時のこと。
    シーズンオフ商品がお安くワゴンに積まれていました。
    ももにるはシャツを買いに行っていたのですが、ついついお買い得の文字に釣られてワゴンを覗き込んでしまいました。

    すると、夏物のワンピースがありました。
    膝チョイ上丈のニット地で、ワンピースとしてはもう着る機会はなさそうです。
    来夏にでも家着にしようかな、と考えて広げもせずに2枚買って帰りました。

    帰宅後洗濯をするために封を開けてびっくり。
    パフスリーブ?のような、ちょっといけてなさそうなデザインと、夏物にしては暑そうなニット地。
    しかし一枚で着るにはなんとなく頼りないような胸元の開き具合と長さ、それにぺらぺら感。

    「どうするかなあ〜〜、これ?」としばし悩んだもののそのまま置いておくことにしました。

    それから暫くしてだんだん寒くなってきたときのこと。
    長袖を2枚着るには暑いし、家でズボン(死語?!)を着るには窮屈だからスパッツをはこうとしました。
    その日はごみ出し日で、外に出るには一旦着替えなきゃなりません。

    ふと、買っただけのワンピースを思い出し重ね着をしてみました。
    すると、ぴったり。
    腰を覆うので、ごみ出しくらいならスパッツをはいてそのまま外にも出られることを発見。
    気になるお腹やお尻もすっぽり隠してくれます。

    こんな便利な服、どうして知らなかったんでしょう。
    すっかり気に入ってしまいました。

    そのワンピースは夏物ですが、ニット地なので今の季節もまだ着ることが出来ます。
    冬物の生地のものもあれば嬉しいなと思い、洋服やさんに行ってみました。
    すると、ありましたよ。

    同じような機能のもので冬に活躍しそうなチュニックがありました。
    袖も半分〜長袖で、生地も厚手からうすいものまで、さまざま。
    どれを買おうか目移りしてしまったので、これからじっくり探すことにしました。

    このチュニックや着こなし方がどれ位の間流行するのかは不明ですが・・・
    ももにるとしては、とっても便利な洋服だと思うので暫くは流行って欲しいなと思います。
    そうでないと、またまた流行においていかれちゃいそうです。

    新しいチュニックを買って、スカート派を返上しパンツで温かく過ごすつもりです。

    このチュニックの一件で、流行するには訳があるということを知りました。
    素敵な発見に感謝。
    シンプルライフ道の定番追いばかりでなく、流行もたまにはチェックして体験することが必要なんですね。

    ひざ掛け
    本格的な寒さになりました。

    ももにるんちはまだ暖房器具を出していませんでした。
    あまりの寒さに、昨日慌ててひっぱり出しましたよ。

    とはいえ、ホットカーペットの本体を敷き、ストーブを出しただけ。
    ホットカーペットは通電させず、ストーブのタンクの灯油はすっからかん。
    今年も使えるんだろうかと思いつつ、そのままっってところがももにるらしい。

    コタツは埃が舞うので、4年前に完全にやめました。
    居間の床座り用の暖房器具は、ホットカーペットだけです。
    おかげで押入れの中のコタツ布団がなくなって、スッキリ。
    掃除機をかけるときもラクラクです。

    その一方視覚的にはお部屋が暖かくみえず、電気代もかさみます。
    ホットカーペットは切替が利くので、一人のときは半分だけ使ったりしますがコタツの?倍の電気代がかかります。

    電気店や家具屋さんでコタツを見るたび、コタツを復活させようかなあと弱気になります。
    コタツ布団の保管や洗濯がないだけいいんですけどね・・・
    やっぱりコタツに少し未練があります。

    ホットカーペットってお尻は温かいけど、膝や足が寒くありませんか。
    それに上に出て行く熱ももったいないので、ももにるは必ずひざ掛けを使っています。

    毛布だと邪魔なので、生地屋さんで購入した、切っただけのフリースです。
    フリースは切っただけでもほつれないので、そのまま使用しています。
    1mくらいかな?
    フリースだととても温かいし、汚れたら洗濯機で洗えるので手入れが楽ですよ。
    電気代もちょっとは抑えられているかも?なんてセコイことを考えています。

    ホットカーペットの上だけでなく、もう一箇所ひざ掛けを使っているところがあります。
    それが台所。
    ももにるんちはキッチンで椅子に座ってご飯を食べるので、なんとなく足元がスースーするのです。
    こちらもフリースを切ったものですが、長さがちょっと短め75センチ位です。
    冬には、いつも畳んで椅子にかけています。
    こちらは、端を縫い、その上から刺繍糸で飾り縫いして可愛く仕上げています。
    小さめなので邪魔にならず、また主婦は食事中でもお給仕などするので動きの邪魔にならずにいいですよ。

    ももにるんちのひざ掛けは、8年くらい使っています。
    そろそろくたくたになったので、ちょっとお店をのぞいてきました。
    見に行ったのは、雑貨屋さん。
    いつも布製品が沢山置いてあるのでちょこちょこ見には行くのですが、ひざ掛けだけを見たことはありませんでした。

    すると、あるある。
    サイズがM(小さめ)からL(体を縦に覆うくらい)LL(毛布くらいの幅と長さ)まで。
    そして、生地の種類もフリースだけのものからマイクロフリース(だったかな?)という手触りがふわふわで密になったものまで。
    柄もキャラクターものやチェックのもの可愛い花柄など沢山ありました。

    手触りの気持ちいいものの方がちょっと厚めで温かそうでした。
    手洗いのみの表示でしたので、もしかしたら洗濯機の手洗いコースは使えないかもしれません。

    ももにるは、薄いフリースだけのもののほうが手入れしやすいかな、なんて思いました。
    お値段も少し安かったです。

    勿論生地屋さんでフリースだけ買って使ってもいいですね。
    ももにるが生地屋さんのものを使っている理由は、今ほどひざ掛けを扱っているお店がなかったからです。

    生地屋さんのフリースは、柄が少ないかもしれません。
    キャラものは結構あるのですが、無地とか可愛い花柄とかはあんまりみませんから。
    大きな生地屋さんなら種類は多いかもしれないけど、小さいところではそれ程種類はないかもしれません。
    それにひざ掛けとして売られているものより意外に単価が高いかもしれません。

    お値段やサイズ、柄の豊富さを考えると、雑貨屋さんのほうがいいかもなあと思いました。
    ももにるんちのひざ掛けさんには、今シーズンまで頑張ってもらおうと思います。
    今度はLLサイズくらいの大きめのものとLサイズのものを買おうかな。


    家計簿
    みなさんは、家計簿をつけていますか。

    ももにるは、一応つけています。
    つけてはいますが・・・つけっぱなしです。

    一応お財布から出たお金の合計金額は出しています。
    しかし、統計をだすでなし、予算を組むでなし。

    全体として何にいくら使ったかも分からないようなモニョモニョ家計簿。
    毎年一月のつけ始めに、家計簿の形式を変更したいなーと思いつつそのまま続行していました。

    そろそろ納得いく形式にしたいので、来年からは工夫をしようと思います。
    でもねえ、なかなか自分にぴったりしたやり方って思い浮かばず。

    ももにるは、大雑把なくせに妙なところで細かいのです。
    それがどうもよろしくないところ。

    大雑把なところというのは、一応家計簿をつけるけれど見直さないところ。
    細かいのは、家計簿の項目を分けすぎている上何をいくらで買ったかきっちりつけちゃうところ。

    今年は、そこのところを少し改善するべく項目を減らしました。
    例えば、野菜は品目ごとではなくまとめていくら、肉魚卵豆腐などの蛋白源はまとめていくらと。
    それでも、今日見返してみるとごちゃごちゃ。
    どうやらもっと違うやり方を見つける必要があるようです。

    もともと見返さないのだし、本当に知りたいのは一月に項目ごとにいくら使っているかということ。
    これがわかるから、予算を組むことが出来るのです。
    だから細かいことをごちゃごちゃ書く必要なんか、ももにるにはないはずです。

    一方、家電や家の備品をいくらで買ったかという記録もほしいところ。
    後々参考にしたいものだけ細かく書く形式にしてみるのもいいかなと考えています。

    ももにるは、家計簿はパソコンのエクセルでつけています。
    家計簿ソフトなどは使っていません。
    家計簿ソフトをわざわざ買うのが面倒だから。(無料配布のものもあります)

    本屋さんで売っている形式の家計簿は邪魔だし。
    以前レポート用紙を使って紙に書く形式をとっていました。
    1月分2枚で1年で24枚。それが毎年毎年溜まるのです。
    紙だと保管にも処分にも困り、3年前からエクセルを使うことにしました。

    ももにるは、変なところで几帳面だけれど根が面倒臭がりや。
    エクセルに家計簿をつける形式は、日付と項目と品目(たまにしか書かない)と値段だけ。
    それを月ごとに延々縦長くずらーっとつけるだけ。
    これだと、レシートを溜めてもへっちゃら。とにかく打ち込むだけです。
    日付順に並べ替えをすればいいのですから。
    (それ以上のエクセルの操作は、ももにるは知らないのだ)

    難しい方法は何にもなくて、どんな方にも出来るやり方です。
    いつもももにるは、ここどまり。

    もう一歩すすんでこのデータをうまく利用したいなと思っていますが、そこまでいっていないんです。

    来年こそはももにる版改良型家計簿を完成させるぞ!と意気込んでいます。
    早く来年が来ないかなーなんて、ちょっと楽しみにしているももにるです。

    お金と上手につきあうのが、シンプルライフの基本ですものね。
    家計簿をうまく利用して、お金との関係を見直したいです。

    シンプルライフを楽しむ人は、生活上手で人生の達人だと憧れを抱いているももにる。
    楽しみながら、達人になれるようがんばります。

    被服費
    急に冷え込んできましたね。

    そろそろ本格的な冬物の装いをしなければ。
    とは思うものの。

    実はももにるは、無謀にも前シーズンに冬物のジャンバーを処分してしまっていました。
    そうです、着るものがない!

    長めのコートや外出用のコートはあるんだけど。
    これも随分前に購入したものです。
    流行おくれ・・・
    それに主婦のももにるには、かしこまって着ていくコートはあまり必要ないし。

    シンプルライフを心掛けるようになって、洋服の数も随分減りました。
    まだまだ着ないものを持っているのですが、そろそろ新しい、必要に応じたものを購入する時期に入ってきたようです。

    今週に外出の予定があるので、ジャンバーは絶対必要。
    慌てて洋服売り場へ行ってきました。
    たまたまバーゲンに行き当たり、シンプルな黒のジャンバーを購入してきましたよ。

    久しぶりに洋服売り場に行ったももにる。
    洋服売り場は好きではありませんが、必要とあらば、とあちこちウロウロしてきました。

    新しい服のないももにるは、あれも、これも、欲しくなりました。
    バーゲンとはいえ、値段はいろいろ。
    2枚も買えば有り金全部なくなってしまいそうだったので、結局見るだけにとどめました。
    カードを持ち歩いてなくて本当によかった。

    新しいジャンバーも買ったことだし、厚手のシャツを処分して買い換えたいから、すぐに必要じゃないものは我慢しないとね。

    折角タンスの中を整理して数を減らしてきたので、計画的に洋服類を回転させる為にそろそろ被服費の予算を組むつもりです。

    一月にどれ位必要なんでしょうね。
    消耗品の下着や靴下類と普段着、それに値の張るお洒落着と3つに分けて考えたほうがよさそうです。

    いままで普段着はちょっといい加減なものを着ていたももにる。
    このままでは、お洒落なお年寄りにはなれそうもない!と気がつきました。
    女性として生まれたのですから、美しく年齢を重ねていきたいですものね。

    これから家計簿にじょじょに被服費を計上していくつもりです。
    今の考えでは3つの予算をあわせて大体月平均10000円とすると、一年に12万円です。

    この数字にびっくりしましたが、余れば幸い、上手に運用して素敵なお洒落を楽しんでみようという気持ちになりました。
    うまくいけばもう少し予算を減らしていってもよさそうですしね。

    これまでももにるは被服費がゼロの月がざらにありましたので、ちょっと贅沢かなあと思う一方、買い替えの必要性もあるので暫くはこの予算でいってみようと思います。

    皆さんは月にどれくらいの被服費をかけていますか?
    上手なやりくりがあったら、是非ももにるにも教えてくださいね。

    天かす
    さつま芋がおいしい季節ですね。

    さつま芋の天ぷらが食べたいなーと思ってスーパーをウロウロしていたら、大き目のさつま芋が2つ入って158円でした。

    これはお買い得?とカゴに入れていそいそと帰宅しました。
    夕飯はもちろん天ぷらです。

    ももにるんちはゆるゆるなベジタリアン。
    天ぷらは野菜だけです。

    メインは具沢山のにゅうめん。夏の素麺の残りがあったので。
    その副菜としての天ぷらなので種類は少なくていいと、お芋とインゲン豆と春菊の3種類にしました。

    天ぷらを揚げ終わった後、予想以上に衣が残ってしまいました。
    野菜を揚げただけなので、残った油もとてもきれいです。
    そのまま捨ててもいいけれど、ちょいと天かすを作ってみようと思い立ちました。

    ももにるんちでは、通常揚げ物は殆どしません。
    折角油を使ったのだからという気持ちが働いてしまい、ついつい冒険を。

    実家でもももにるんちでも、天かすを利用することはありません。
    お好み焼きやたこ焼きの中に入れたり、うどんや蕎麦の中に入れたりするというのは聞いた事がありますが、やったことがありません。

    お店で袋入りの天かすを売っているのを見たことはありますが、手にとったこともありませんでした。

    天かすって簡単だよね?と思いながら、温度を上げた油の中にスプーンで生地を垂らしました。
    びっくりするほど広がって、面白いほど膨らみました。
    でも大きさはバラバラ。面積が広かったり細すぎたり・・・
    そして、揚げて暫くしたらヘニャッとなってしまいました。

    ・・・・たしか、天かすってカリカリしてなかったっけ?

    まあ、でもこれをそのまま食べるでなし。
    今度お好み焼きを作る時に使うんだからわかりゃしないわ、なんて思ったんだけど。

    翌日ドラッグストアでたまたま袋入りの天かすを見つけました。
    天かすではなく名前は揚げ玉でした。
    呼び名が違うのは、地域性によるもののようです。
    中身は細かい粒粒のカリカリ天かす。

    ももにるの作った天かすとは明らかに違いました。
    油でベチャッとしてないし形は揃っていて美しいし。

    そうかあそうよねえ、天かすって意外に難しいものなのかも?と、ドラッグストアの中で感心してしまいました。(ちょっと怪しい客ですが)

    そういえば「海老を揚げた油で作った天かすです」と書いて売ってあるくらいだから、地域によっては天かすの需要も相当あるんでしょうね。
    天かすは酸化しやすいらしいし、作るよりも買ったほうがお得なのかもしれません。

    折角作った初めての天かす。捨てるわけには行きません。
    温かい天かすを積み上げて火災の原因になったとも聞いたことがあったし、天かすは酸化しやすいから、作った天かすをビニルに入れて冷凍しました。

    お好み焼きは近いうちに作る予定です。
    ももにるんちは肉無しお好み焼きだから、天かすで旨みが増すといいな。うまくいくかしら。

    天かす作りは面白かったけど、ちょっとびっくり!したことがあります。
    残った天ぷらの衣ちょっとに対して、揚げ油を物凄く吸うのです。
    3回ほど天かすを作った後に残った油を見てみたら、驚くほど減っていました。

    残った衣を流さずかつ揚げ物用油を形にして捨てるいい手段ではあるな・・・と思ったけど。
    それを体に取り込むのも、油断して火災の原因にしてしまうのも考えもんだな・・・と思ったももにるでした。






    プロフィール momonil
  • Author:momonil

  • ももにるの世界へようこそ。
    普通な毎日を素敵な毎日に換えていきましょう。
    どうぞご一緒下さいませ♪
  • RSS

  • 最新記事
  • フライパン(02/06)
  • 占い(01/22)
  • りんご2(11/10)
  • りんご1(11/09)
  • ゆで卵(11/06)

  • トラックバック