Butterfly Maiden〜Transformation
日々の出来事に感謝すること。幸せを感じること。よりよい人生を作り上げること。頑張ります!
2008 . 04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2008 . 06
アーカイブ
  • 2009年02月(1)
  • 2009年01月(1)
  • 2008年11月(3)
  • 2008年10月(4)
  • 2008年08月(5)
  • 2008年07月(2)
  • 2008年06月(3)
  • 2008年05月(5)
  • 2008年04月(8)
  • 2008年03月(3)
  • 2008年01月(2)
  • 2007年12月(1)
  • 2007年11月(13)
  • 2007年09月(2)
  • 2007年08月(9)
  • 2007年06月(2)
  • 2007年05月(12)
  • 2007年04月(18)
  • 2007年03月(23)
  • 2007年02月(16)

  • コメント
  • ももにる(11/06)
  • ひろみ(11/05)
  • ももにる(07/30)
  • やなぎはっか(07/23)
  • ももにる(07/08)
  • やなぎはっか(07/06)
  • やなぎはっか(07/04)

  • カテゴリー
  • 未分類 (1)
  • はじめに (4)
  • ももにるんち (13)
  • 食事 (19)
  • お掃除 (7)
  • スピリチュアルとか (6)
  • お買い物 (6)
  • つくること (24)
  • ほんわか (7)
  • おやつ (4)
  • シンプルライフ (19)
  • 練習 (1)
  • 道具 (4)
  • つぶやき (12)
  • なるほど♪ (3)
  • 本 (3)

  • リンク
  • SWEETSライフ・・・青い森の国から
  • 風のゆくえ
  • こてふらん

  • のり
    朝食は和食のももにるんち。
    毎日海苔を食べます。

    海苔は、味付けしていない焼いた板海苔です。
    朝食の席についてから、おもむろに海苔の袋をあけ、半分、また半分、半分・・・
    1枚を合計8枚にします。

    それを夫のももぷにと4枚ずついただきます。
    なんてことない、それだけなんですけどね。
    おいしいですよ。

    分けるときには、はさみは使いません。
    焼き板海苔を手で半分に折ると、簡単にわかれるんですよ。
    ちゃんと折り目をつければきれいに分かれます。

    もし少し湿気ているんだったら、ちょっとガスの火であぶっちゃえば大丈夫。
    香ばしい香りが漂って、ぱりぱりになりますから。
    燃やさないように気をつけて。
    海苔って結構燃えます・・・おいしくなくなっちゃうのでご注意。

    ガスがない場合、ちょっと電子レンジにかけるとか、密封袋に戻して乾燥剤を入れると湿気は取れます。
    おいしさは・・・ちょっと減りますけどね。

    ももにるんちでは、手抜きで焼いた板海苔を使っていますが、乾燥しただけのものを束にして売っているのをご存知ですか?
    いちいち焼くのは面倒だけど、とてもおいしいんですよ。

    もし乾物屋さんに売ってたら、買ってみてくださいね。
    ただし海苔って本当に値段がさまざま。
    お台所事情に合わせてお安いものでもいいし、たまには贅沢して・・とちょっと高いのをかってもいいし。

    ももにるは、主にキズ海苔というのを買っています。ちょっと穴があいているとか、かけているとかそういったものです。
    朝食にたべるのにはなんら問題はありません。
    お値段も安いですよ。
    すしはねって名前で売っているものもあります。
    だいたい一枚15円から20円くらいのものを買っています。

    海苔は庶民的なお値段のものから高級品まで、さまざま。
    一流のおすし屋さんの太巻き用は高級品なんでしょうか、家庭で食べる分には継続して食べられる、良品でお手ごろ価格のもので十分だと思います。

    味付け海苔も、いろんな種類がありますよね。
    ももにるんちでは、ご飯と塩味がするものとをいっしょに食べるので、味付けの必要がありません。
    だから、焼いただけの板海苔だけを常備しています。

    実は、ももぷにのアレルギー対策としても、味付け海苔は買いません。
    味付け海苔の中にはえびで味をつけたものがあるんです。
    危ないので、極力避けています。
    もちろん、えびは入っていないものもありますから、表示をよくみて購入されてくださいね。

    板海苔を常備しておくと、サラダやおそばのときも、便利。
    半分半分・・・と折って分けた後、はさみで細くチョンチョンと切っていくと簡単に細切り海苔が出来上がりますよ。

    もみのりだって簡単。
    ビニルの中に入れて手でグシュグシュ・・・

    板海苔は常備しておくといろんな形で使えてとても便利なんですよ。
    もしお寿司なんか作らないからもらったまま眠っているとか、味なし海苔なんてどうしたらいいかわからないっておもってらっしゃるなら。

    明日の朝からごはんのお供にいかがですか。
    今晩の夕飯や明日のお昼の麺類にも大活躍ですよ。

    おいしくて楽しい食卓にぜひ海苔を登場させてくださいね



    炊いたご飯
    ご飯の保存方法は、どうしてますか?

    保温ジャーで保温?
    おひつ?
    一食分ずつラップに包んで冷凍?
    保存容器に入れて冷蔵?
    各家庭によってさまざまですよね。

    ももにるんちでは、容器に入れています。
    炊き上がったご飯を食べる分お茶碗によそい、残りは即保存容器に移します。

    ご飯は保温を数時間以上するならば、新しく炊いた方がおいしくて節電になると聞いたことがあります。

    一回ごとにご飯を炊く。
    理想的ですが、1食1合かそこらしか必要でない我が家なので、ちょっと面倒。
    だから3合〜3合半一度に炊きます。

    むかーし、ご飯を炊くなら、お釜の中の熱の対流がうまくいくという理由で調理道具いっぱいに炊いた方がおいしご飯になると聞いたことがあるからです。

    ももにるんちの炊飯器や圧力鍋は3合〜3合半炊けます。
    だから、それいっぱいに炊いています。

    一度には食べきれないので、必ず残ります。
    それはすぐに容器に移します。
    容器は、電子レンジにかけられるものを使っています。

    電子レンジには賛否両論ありますよね。
    電子レンジよりはご飯は炊くか蒸すか・・・がいいと感じます。

    でも効率を考えたら、蒸すよりも電子レンジのほうが効率がいい。
    水を温めてその蒸気で間接的に温めるより、そのものずばりを温めるほうが早いしエネルギーや手間も減るかなと考えて、ももにるは相変わらず電子レンジを使っています。

    さて、入れる容器のことです。
    以前はガラスのキャセロールにご飯の残りを全部入れていました。
    必要な分そこから取り出して、茶碗によそい、ブタチン(商品名)を被せて電子レンジで温めていました。

    これだと、ご飯がなくなってから容器1つを洗えばいいので手間は減ります。
    でも、取り出した後のご飯はさびしく干からび、おいしくないんです。
    朝から食べたい分だけ取り出せるとはいえ、よそって電子レンジにいれるのも一手間。

    キャセロール以外に大きめのタッパー(商品名ですみません)のようなもの、ホーローなども試しましたがどれも変わりませんでした。

    今は、電子レンジにかけられるという重なるタイプの保存容器を使っています。
    ジプ○ックとかいろんなメーカーで出しているプラスティックの容器があるでしょう?あのタイプです。
    ちょっとジプ○ックよりは厚みのあるプラスティックです。
    もう2年ほど使っていますがまだまだ健在です。

    ももにるんちは2人家族です。
    一回に食べる量は大体1合です。ご飯1合は320gくらいです。

    保存容器の大きさはいろいろあります。
    ももにるんちでは430mlの細長いタイプのものを使用しています。

    この大きさだと1合とちょっと入ります。
    ふんわりとご飯を入れて、蓋をして1合ちょうど入るくらいです。
    1つの容器に2人の1回分のご飯が入ることになります。

    3合炊いたときは容器2つ分になります。(すぐ食べる分は除いているので)

    この方法だと、慌しい朝に本当に便利です。
    冷蔵庫を開けて容器を取り出すだけで、ご飯をよそうこともなく、すぐに電子レンジに放り込めます。

    ももにるんちでは、なくなったらご飯を炊く方式です。
    冷蔵庫はご飯のでんぷんの劣化温度帯ではありますが、そんなに長く持たせるわけでもないので冷凍はせず冷蔵しています。

    翌日までに食べきるんだったら、冷蔵庫で十分(味音痴?)
    もちろんこの容器だったら冷凍もできますので、それはお好みで。

    この容器のいいところは、1回分のご飯がぴったり入る大きさを選んでいるので容器がご飯でいっぱいになっていることです。

    キャセロールのように、上部空間に余計な空気が入る隙間が少ないんです
    それに容器にいれたご飯が冷めるのも早い。

    中身が入っているときも、空になって保管するときも、同じ大きさの重なるタイプなので冷蔵庫でも収納庫でもすっきりおけるのもいいところ。
    便利なので気に入っています。

    容器は1合入る430mlの縦長タイプをももにるは選びました。
    ご家庭によっては、1回に1合半必要だったり、もしかしたらご飯がちょっぴりしか残らないってことがあるでしょう。

    そのときは、もうちょっと大きいタイプのもの、ご飯一膳分タイプのものもあるのでそれぞれ選んでくださいね。
    一膳分だったら、ご飯茶碗にいれといてもいいかもしれないけど。
    2、3人分くらいだったらこの方法は便利ですよ。

    できれば蓋も一緒に電子レンジにかけられるものがいいかと思います。
    蓋をちょっとずらして電子レンジにかければ、ラップいらずです。

    もし残ってしまっても、そのまま蓋をしておけばいいんですから、便利ですよ。
    気になる方はそれを混ぜご飯とかチャーハン用としてはどうでしょう。

    蒸し器派の方にもこの容器方法は、お勧めです。
    この場合は細長いタイプよりは円に近いタイプのほうがいいかもしれません。
    少なくとも蓋をして家族のご飯を1回分保存できるのですから。

    ご家族の食スタイルを考えて、ちょうどいい容器を見つけてみてくださいね。

    そうそう、ももにるは4つ組みの容器を2セット分持っています。
    気まぐれに違う味のご飯を作ったり、先を見越してご飯を保管したりするために、4つで足りはするのですがもう1セット買い足しました。
    1セット300円くらいでしたよ。
    これで2年ほどは快適に使えていますので、いい買い物でした。

    こだわりのご飯保存方法を皆さんお持ちでいらっしゃることでしょう。
    どんな方法をお試しですか?

    よい方法があったら、ぜひみなさんと分かち合ってくださいね。

    パンケーキ
    パンケーキ、ももにるは大好きです。
    ふんわりして温かく、焼くと3枚はぺろりと食べてしまいます。
    ある意味危険な食べ物です

    お昼ごはんになーんにもない時にチョコチョコッと作ることが多いです。

    ホットケーキよりはもそもそせずに食べることができるし、おなかがいっぱいになりすぎません。
    薄いので一枚一枚違う具やトッピングを楽しめるのも魅力。

    日本では、パンケーキは薄くて小さいもの、ホットケーキは厚くてちょっと大きめって感じで呼び分けていますよね。

    でも基本は同じような生地で、含まれている水分量が違うのと1枚分の生地量が違うのでなんとなく別物に見えるだけです。

    世界中にこの形のものはどこにでもあって、ホットケーキと呼ぶのは日本と北米の一部くらいです。
    ほかの地域ではパンケーキといったりクレープなどのほかの名前で呼んでいるようです。

    なんにせよ、世界中の人は「粉(小麦粉、そば粉、とうもろこしなど)と水分(卵や牛乳)を鉄板で焼いたもの」が大好きのようですね。
    地域によっては、膨張剤やそれに相当するものを加えないものもあります。
    ふんわりしてなくても見た目はパンケーキそのもの。そういうレシピもあるんですねえ。

    日本で言うパンケーキは、卵と小麦の焼けた黄金色が美しく、甘い香りでふわりとした食感が素敵です。


    このところ思うところがあってパンケーキを定期的に焼いています。
    ももにるんちはホットケーキミックスがないので、いつも粉から作ります。

    所詮パンケーキではあるので複雑な工程はまったくなく、分量さえわかればどなたでもすぐにホイホイと作れます。

    それでもホットケーキミックスの手軽さから比べると少々手間がかかります。
    ホットケーキミックスって、本当に混ぜるだけですものね。

    家族が多いならそれもいいかなと思うのですが、ももにるんちでは、たまに1人から2人分作るくらい。
    ホットケーキミックスなんか買ってしまったら絶対に余らせてしまいそう。

    ホットケーキミックスを使ったお菓子の本なども出ていますが、どうせお菓子を作るならちゃんと作りたいのでミックスを買う理由がないんです。

    料理研究家の方の中には、自家製○○ミックスというのを提案しているかたもいらっしゃいます。
    それは便利だな〜〜と一時は感心しましたが、いろんなレシピを試したいのでそれも結局参考にはならず。

    で、結局普通に粉を計量して、膨らし粉をいれて卵を溶いて・・・
    と普通の材料と手順に落ち着きました。
    ホットケーキミックスよりはおいしいけど、でも手軽じゃない。

    作るたびに工夫をし、食べ、ももにるのお肉が殖え・・・
    でしたが、少しももにるなりの結論がでました。

    これは普通の味と形のパンケーキを、手軽においしく作るについての一時的な結論です。
    またアレルギー対応にはなっていませんのであしからずご了承ください
    最終レシピは、近い将来にでも・・

    まず
    1、卵は入れる(当たり前?)
    2、牛乳はないならないでもいい
    3、砂糖は少なくてもいい
    4、溶かしバターでなく油をつかう
    5、膨らし粉は入れる

    見たら、普通ですよね。
    材料を抜いてみたり替えてみたりして得た結論です。
    もう少し試作をする必要はあります。
    しかし簡単にしたから見た目や味が悪くなるのはどうかと思い、最低限卵と膨張剤は加えるという形をとることにしました。

    試作をしているときは材料やプロセスのことばかり考えていました。
    でもパンケーキに大事なのはふんわり感や見た目だと気がつきました。
    そして、なにより手軽!なこと。

    おやつがないから、朝食のパンがないから、手軽にサッと。
    これがパンケーキのいいところなんですものね。
    小さなコツを発見するのは、「つくること」の楽しみでもあります。

    ももにる流の手作り簡単おいしいレシピ。
    いろいろ開発中です。

    みなさんも生活や好みに合わせた「つくること」の楽しみを味わいませんか。
    心も体も元気になること請け合いです

    値上げその後
    長いお休みが終わりましたね。
    ももにるは、やっと日常生活に気持ちが切り替わってきました。

    ところで、表題の「値上げその後」。
    確かに牛乳などの乳製品、パン、など値上がりしていましたが・・・
    きっかけとなった「もやし」は、値上げしてませんでした・・・・
    なんと、表示間違いですと!

    ああ、人騒がせなももにる。ごめんなさい。

    ところで、「値上げ」の回の表明を覚えてらっしゃいますか?
    ももにるは、そのままに実行しようとしています。

    今実践しているのが「規模を小さくする」

    お菓子やパンを作るときは、手間もオーブンの加熱時間も同じだからとついつい作りすぎてしまいます。
    当然二人暮らしなのでおいしいうちに食べきれず。
    せっせとももにるが処分に励み、体のお肉となっていました。

    ご近所さんにお手伝いしていただきたいのは山々なのですが。
    それほど立派なものを作っているわけでもないので恥ずかしくて。

    手作りのものを歓迎される方がいらっしゃる一方、あまりうれしくない方もいらっしゃるだろうし、その辺も妙に気を使ってしまいます。

    これは悪循環だ!と思うので、材料や光熱費の値上げの嵐を機会に作る量を減らすことにしました。

    規模を小さくすれば、メリットがたくさんあります。

    ◎まず、材料が少なくて済みます。(当たり前ですが・・)

    ◎出来上り量が減り、おいしいうちに食べきることが出来ます。

    ◎必要な器具の数は同じですが、ボウルの大きさが小さい分洗うのが楽です。

    ◎家事の片手間にお菓子作りをしても、ついでに片付けることが出来ます。

    ◎光熱費はほとんど同じですが、材料を余分に使って作るよりは一回あたりの制作費は抑えられます

    これらは、すぐに思い当たることですよね。
    実際に規模を小さくしてお菓子を作ってみた収穫は、上記のもの以上でした。

    とにかく材料が少なくて済むのです。
    いや、ケチを言っているんではないんです。
    卵が2個必要なレシピを、半量にして1個にすると、卵の消費量が半分。
    1パックで何度もお菓子が作れます♪
    泡立てもらくらくです。

    出来上がりは半分ですが、すぐになくなってしまいます。
    すると、次に何をつくろうかと意欲が湧いてきます。
    今度はこういう工夫をして・・・というふうに。

    失敗してもすぐにやり直ししよう!という気持ちになりますし、なにより大量の失敗作に苦しむことはないですもんね。

    電気やガスの使用料も値上げの予定があるようですが、余分なものを作るよりはましなはず。
    生活に合わせて上手にバランスをとっていこうと思います。

    使う材料などは、ケチる予定はありません。
    しかし、このご時勢、粉から油から乳製品から砂糖から・・・・
    すべて値上げ値上げ。
    さらにバターなどは品不足騒動が起きています。

    近頃のこの騒ぎをみて、ももにるは考えました。
    いったい何に起因した騒動なんだろうって。

    原油高や、食料調達事情や諸外国の習慣の変化などいろいろあるんでしょう。
    でも実際のところどうなんでしょう。
    実体のある騒動なのか、ももにるにはわかりません。

    あえて自己防衛しようと叫ぶつもりはありません。
    今までの生活や常識をもう一度見直すチャンスだと思っています。

    お菓子やパンはぜいたく品です。
    なければないでいいものです。
    でも今のももにるにとって楽しみだし、潤いをもたらすものです。

    だから、この事態を楽しんで挑戦することにしました。
    規模を縮小するのは、そのひとつ。
    もうひとつ。
    お菓子やパンを作るときに「これは必須」というものがありますね。
    それを見直してみることにします。

    代替品を使って我慢するということではなく、「楽しくおいしく冒険をするぞ」の心意気で。

    値上げ騒動がきっかけで生活を見直すいい機会になりました、
    これからは新しい素材を使ったりオリジナルレシピを考えたりと、ワクワクすることでいっぱいになりそうです

    連休初日
    いよいよ連休が始まりました。
    といっても、もう後半突入している方、連休はお仕事という方もいらっしゃることでしょう。

    ももにるんちもカレンダー通りのお休みなので、世間のように超大型のお休みがとれたわけではありません。
    だから、今日は連休初日。

    お出かけは、引っ越したばかりということもあって県内をウロウロすることにしました。
    連休だとホテルが取れないと思って、泊まりは予定せず全て日帰りです。
    それも日の高いうちに帰って来れそうな所へ、ゴー!

    それはそうとして、ご近所さんも地域の皆さんもお出かけなのかとても静かなお昼間に、初めて図書館に行きました。

    初めて・・といっても、一月ほど前に貸し出しカードなるものを作っておいたので厳密に言うと初めて借りに行きましたってところかしら。

    カードを作った時図書館にはいるやいなやくしゃみが連発・・・
    何かアレルゲンがあるに違いないと思って暫く敬遠していたのだけれど、どうしても借りたい古い本があったので行くことにしました。

    あるかないかだけでも確認したかったのですが、図書館についたらそのことはすっかり忘れてしまい・・・
    ついつい他の本を借りてしまいました。

    小さな町の図書館なので蔵書の数は少なくて、ジャンル分けの仕方も微妙・・で見難かったのですが、それでも興味ある分野のところでついついじっくり品定めしてしまいました。

    新しい本はあまり多くないし、巷で人気の?本も殆どなかったのだけど、見たこともないようなちょっぴり古めの本が並んでいて興味がわきました。

    そして、ついつい4冊ほど手にとって借りる手続きをしました。
    この図書館で借りることが出来るのは一度に5冊まで、2週間の期限です。


    あんまり内容豊富な本を4冊も読む自信はなかったので、軽めのもの、じっくり読みたいものを取り混ぜて借りました。
    結局は読みきるのに2日もかからなかったのだけど・・・・

    どの本もとても面白く、今まで不思議に思っていたことを再確認したり、もう少し観察したいと思えるような事柄が書いてあったりと収穫が沢山ありましたよ。

    借りた本はどれも書店で見たことがない本でした。
    恐らく古かったり出版数が少ない本だと、なかなか目に触れることがなく読むことはなかっただろうと思います。

    図書館のいいところは、こういったところですよね。
    それに期限までに読んで返す必要はありますが、購入するわけではないので自宅に本が増えません。
    ただの興味本位で借りても懐に痛くないし、畑違いの分野を垣間見るチャンスにさえなるのです。
    若しかしたら思わぬ発見に繋がってくれる可能性だってあるんですよ。
    これは使わない手はないですよね。

    ちなみにももにるの住んでいる町の図書館は小さいので蔵書が少ない欠点はありますが、必要なら県内の図書館から取り寄せて本を借りることが出来るそうです。

    折角なのでかねてから読みたいと思っていた本をネットでチェックして、本を返却がてらお願いしてみようと思っています。

    今年の連休は比較的晴れの日が多くてお天気に恵まれていますね。
    外出を思いっきりたのしんだら、お休みの終わりには静かな読書の時間はいかがですか?

    ご家族で、一人で、ご夫婦でお散歩がてら図書館で本を借りてみてはいかがでしょうか。
    豊かで素敵な時間が流れることでしょう








    プロフィール momonil
  • Author:momonil

  • ももにるの世界へようこそ。
    普通な毎日を素敵な毎日に換えていきましょう。
    どうぞご一緒下さいませ♪
  • RSS

  • 最新記事
  • フライパン(02/06)
  • 占い(01/22)
  • りんご2(11/10)
  • りんご1(11/09)
  • ゆで卵(11/06)

  • トラックバック