Butterfly Maiden〜Transformation
日々の出来事に感謝すること。幸せを感じること。よりよい人生を作り上げること。頑張ります!
2008 . 05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2008 . 07
アーカイブ
  • 2009年02月(1)
  • 2009年01月(1)
  • 2008年11月(3)
  • 2008年10月(4)
  • 2008年08月(5)
  • 2008年07月(2)
  • 2008年06月(3)
  • 2008年05月(5)
  • 2008年04月(8)
  • 2008年03月(3)
  • 2008年01月(2)
  • 2007年12月(1)
  • 2007年11月(13)
  • 2007年09月(2)
  • 2007年08月(9)
  • 2007年06月(2)
  • 2007年05月(12)
  • 2007年04月(18)
  • 2007年03月(23)
  • 2007年02月(16)

  • コメント
  • ももにる(11/06)
  • ひろみ(11/05)
  • ももにる(07/30)
  • やなぎはっか(07/23)
  • ももにる(07/08)
  • やなぎはっか(07/06)
  • やなぎはっか(07/04)

  • カテゴリー
  • 未分類 (1)
  • はじめに (4)
  • ももにるんち (13)
  • 食事 (19)
  • お掃除 (7)
  • スピリチュアルとか (6)
  • お買い物 (6)
  • つくること (24)
  • ほんわか (7)
  • おやつ (4)
  • シンプルライフ (19)
  • 練習 (1)
  • 道具 (4)
  • つぶやき (12)
  • なるほど♪ (3)
  • 本 (3)

  • リンク
  • SWEETSライフ・・・青い森の国から
  • 風のゆくえ
  • こてふらん

  • 朝の支度
    朝ごはん、食べていますか。

    殆どの人がなんらかの形で朝食をとっていらっしゃると思います。
    朝は時間がなくて、家族一緒に食事を取るのは難しいですよね。

    ももにるは決まったお仕事をしているわけではないので、時間が比較的自由です。
    朝は夫と共に(寝巻きではありますが)、ちゃんと朝ごはんを食べます。

    10分ほど先に起きて、朝ごはんのしたくします。
    もうちょっと早く起きれば着替える余裕があるんですけどねえ。

    うちでは朝食は軽く、なのでご飯と味噌汁くらいです。
    以前はヨーグルト食べたりとかコーヒー飲んで・・なんてしてたんですけど、この頃はさっと食べてさっと出かける、という形で落ち着いています。


    ももにるは、朝ごはんの用意を前夜からしておきます。
    ばっちりご飯と味噌汁を作って。。。というわけではありませんよ。
    下準備といいましょうか。
    これをしていると、朝がとても楽です。


    まず。前夜の用意から。

    例はあくまでももにるんちのお味噌汁やご飯の場合です

    <水>
    ○朝から沸かす分の水を用意(できれば)
    水の量は飲む分プラス味噌汁に使う分(出汁を作る人は味噌汁の半量)
    ○ヤカンを水の側に置いておく

    <味噌汁>
    ○味噌汁用のなべに板麩を砕いておく
    ○味噌汁椀に乾燥わかめをいれておく
    ○糸寒天を取り分けて味噌こしの中に入れておく
    ○冷蔵庫に「切った葱、豆腐」、「出汁パック、味噌」のペアでなるべく近くに置いておく
    ●出汁パックを使わない方は煮干や昆布を半量の水に浸けて冷蔵庫に入れてお

    <ご飯とそのお供>
    ○冷蔵庫のご飯とふりかけや佃煮類を近くに置いておく

    <テーブル上のもの>
    ○海苔、お茶、など冷蔵庫に入れなくていいもので必要なものをテーブルに出しておく(またはトレーにのせておく)
    ○茶碗、箸、湯のみ、皿等をテーブルに出しておく、またはすぐに取り出せる場所に置いておく



    ご飯は、以前お話したように、取り分けておいたご飯です。
    全くない時はタイマーセットした炊飯器で炊きます。

    お味噌汁は、普通に手作りです。
    このごろ、出汁パックというものを使うようになりました

    ポイントは
    、前日に用意できるものはしておく、使うものを近くに置く、冷蔵庫に入れているものの位置を固定したり把握しておくことです


    さて朝からの作業です。


    ○起きてからすぐにヤカンでお湯を沸かします
    ○次に冷蔵庫の中のものを取り出します。

    ○出汁パックを鍋に入れます。
    ○やかんのお湯が少し沸いてきたら、味噌汁に入れる分を味噌汁用の鍋に入れます
    ○味噌汁鍋に豆腐を切って入れておきます

    ○ヤカンのお湯が沸いたら、味噌汁鍋を火にかけます(コンロが2つ使える人はそれを使っても)
    ○煮立ったら所定の時間煮出します

    ○その間にご飯をレンジにかけ、佃煮や海苔を皿にのせます。
    ○小物を所定の位置に置きます。急須にもお茶の葉を入れときます
    ○味噌汁椀に小葱を入れます(長ネギの場合は味噌汁の仕上がりにまとめて入れます)
    ○味噌こしの中の糸寒天を水で洗い、絞ったあと味噌汁椀に分け入れます。

    ○出汁がでたら、火を止めて味噌をこし入れます
    もう少し温めて、出来上がりです。

    この時点でご飯も、添え物も味噌汁も用意出来ていますよ。

    ちょこちょこと時間があくので、その間に細かい用意をすればOKです。

    書いてみれば長いのですが、要は前の日にやっておけばいいことと朝からやればいいことを分ければいいのです。

    ベテランの主婦になると、ばかばかしいと思われるかもしれませんが、朝に段取りよくするのが苦手な人は、やってみてくださいね。
    案外スムーズに出来ますよ。

    今日紹介した方法以外もももにる流の用意の仕方はあるのですが、これが一番まともに近いかな。

    出汁パックは、ズルっぽいけど、面倒がないので時間がない方にはおすすめです。
    ごみになるのが難点ですが、この頃は丸ごと食べられるというものも売ってありますのでそれでなさるのもいいかと思います。

    味噌汁の作り方はちゃんと作った方がおいしいのですが、毎日となると億劫になります。
    いくつか(手抜きの)方法がありますので、ご要望があれば・・・

    それと、だしのとり方と豆腐を入れるタイミングは、ももにるの好みの方法です。
    出汁は水から、豆腐は普通煮立てない方がいいのです。

    出汁は時間節約のためです。
    豆腐は、上等のものならぜひ味噌を溶いた後に入れてくださいね。

    ももにるが使っている豆腐は、主に絹ごし充填豆腐です。
    これを結構細かいさいの目に切ります。
    理由は、細かい方が崩れないこと、中まで暖かくなることです。
    なにより充填豆腐は小分けでかつ長持ちしますからね。
    そういった理由です^^

    全然話は変わりますが・・・
    おいしい味噌汁は味噌がおいしいか出汁がおいしいか・・・とおもわれるかもしれませんが、実は豆腐も大きく貢献しているのです。

    ためしにおいしい豆腐を使って、今まで通りの出汁と味噌で作ってみてください。
    びっくりするほど味がかわりますよ。

    てきぱき朝ごはんの支度をして、家族を笑顔でお見送りしましょうね。
    ももにるも心をこめてがんばりますよ。


    夏至
    6月21日。

    本日は、夏至ですね。
    夏至は二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつです。

    以下はWikipedeaより抜粋です。
    {二十四節気とは、1太陽年を日数あるいは太陽の黄道上の視位置によって24等分し、その分割点を含む日に季節を表す名称を付したもの。}

    具体的には立春や啓蟄、大暑、大寒などよく耳にするものもありますが、あんまりなじみのないものもあります。

    お手紙の書き出しにこういうものを入れると、季節感のあるものになりそうですね。

    ところで、学校では夏至は

    「北半球では昼が最も長く、夜が最も短い」と習いませんでしたか?
    でも1年で日の出の時刻が最も早い日・日の入りの時刻が最も遅い日と、夏至の日とは一致しないんですって。

    夏至や二十四節気を調べたときに、

    {日本では、日の出が最も早い日は夏至の1週間前頃であり、日の入りが最も遅い日は夏至の1週間後頃である。}


    天気予報で日の出と日の入りの時刻を発表していますが、全く注目したことがありませんでした。
    釣りや旅行にいかない限りはあんまり関係ありませんからね。

    日常のことなのに、なんだか新しい発見をしてしまいました。
    とはいえ、夏至の日は「昼が長い」ってことは間違いなさそうですね。

    夏至といえば「100万人のキャンドルナイト」
    今年は夜8時から10時までの2時間、キャンドルを灯して家族とスローな夜を過ごしましょうという呼びかけがなされていますね。

    ももにるも、キャンドルが大好き。
    ゆらゆら揺れる炎を見ながら、その光にうっとりしてしまいます。

    毎年呼びかけがなされていますが、ももにるはまだ2回ほどしか参加したことがありません。
    その時間帯は夕飯やその後片付けにてんやわんやで、キャンドルだけで過ごすことは不可能でした。

    今年は夏至が平日ではしみな在宅しているので、参加しようと思います。
    夜の8時には家事を済ませてゆっくり出来そうですから。

    お風呂にキャンドルを持ち込んでゆったりするのもいいですね。
    音楽を聴きながらくつろいだり、家族と談笑したり。はたまた瞑想なんかも。

    みなさんは、どのような時間をすごす予定ですか?
    大好きな人と心温まる素敵な瞬間(とき)を分かち合ってくださいね。


    お財布
    お財布は、いくつ持っていますか?

    普通、ひとつか、小銭入れもいれて二つくらい?

    ももにるは、3つ、カード入れもいれたら4つ持っています。
    使い分けているって訳じゃないんだけれど、なんとなくそうなってしまったの。
    シンプルとはかけ離れている・・・・

    使い道は、それぞれ

    1.近くのスーパーへ行くときの通常のお買い物用
    2.遠出するときの遠出用
    3.小さい折りたたみの財布
    4.カード入れ

    全部持ち歩いている訳じゃありません。
    大体1と4、2だけか2と3の組み合わせでしょうか。

    風水ではかばんに財布を入れっぱなしにしてはいけないとか言いますが、ももにるは1と2は専用のかばんに入れっぱなし・・・

    メインは1なので、2には遠出のときに使うバスカードやその土地のポイントカード、使う予定の小銭を少し入れておきます。
    大きなものはもちろん抜いて。


    3はほとんど使いません。
    だから中身は空にして、使うときに中身を入れます。

    4は、最近買ったものです。
    ももにるが住んでいるところは、なぜかやたらにポイントカード発行店があります。
    お店に行ったらレジの前に渡して、購入金額に応じてポイントがつく、とか紙製のカードにスタンプをくれるとか。
    はじめは財布のカードさしに入れていたのですが、どんどん増えてきて・・・

    免許証やクレジットカード類と共にさしていたんですけどね、だんだん何がなんだかわからない状態になってしまいました。
    そうなるとレジであわててポイントカードを出す際に落とすんじゃないかと思いまして。

    自宅用にはカードホルダーもあり、愛用しています。
    それには、いろんなお店のポイントカードを入れています。
    町などへのお出かけ前に、寄るであろうお店を考えてそこのホルダーからポイントカードなどを取るんです。
    そうすると財布が膨らまないし余計なものを持ち歩かずに済むし。


    でも日常に使うポイントカードをいちいちここに入れていては面倒です。
    その日常用もこちらへ引っ越してからはなぜか多い。
    大事なものを道やお店で落としたくないので、カード専用の入れ物を持ち歩くことにしたんです。

    専用って言っても、ホルダーとかじゃないです。
    簡単なチャック式の、100均に売っているカードが入る大きさの袋って言いましょうか。

    内側にもチャックがついていて、大事なものはその中へ、普通のポイントカードはまとめて入れちゃってます。

    丸ごとその入れ物を落としたらアウトですが、カード類を財布からするりと落としてしまう危険性が減りますし、入れ物自体を紐などで固定しておけば落とす心配はないですよ。

    今のところは財布の中がごちゃごちゃせず、カード類を落とす心配もなく快適です。

    ところで、3の財布。
    なんに使っているのかなあ?と思ったでしょう?
    これ、ももにるのいわゆる小銭入れって位置づけです。

    小銭だけでなく札も入る薄い財布です。
    これは旅行や都会を歩く時用のものです。
    ももにるは田舎ものだから、人ごみはちょっと苦手。
    駅で切符を買ったり、ちょっとしたものを買うときに大金の入った財布をバッグから取り出すのは不安です。

    だから、駅や人ごみの中でとり出すお財布なんです。
    大体千円札1,2枚と小銭を多めに入れています。
    バスに乗ったり、お弁当を買えるくらい、かな。
    人ごみでは大きなお財布やお金をださない、と決めています。

    人ごみではかなり疲れて注意散漫になりやすいので、ももにるは面倒を防ぐためにこうしています。
    この小さいお財布、結構使えますよ。

    難点は、小銭が取り出しにくいこと。
    小銭が取り出しやすいものはお札を入れるところがないので、折りたたむ必要があったりします。

    小銭が取り出しやすくて、お札も入る小さなお財布があったらいいなあ。
    このお財布が壊れるまでに見つかるといいなと思っています。








    プロフィール momonil
  • Author:momonil

  • ももにるの世界へようこそ。
    普通な毎日を素敵な毎日に換えていきましょう。
    どうぞご一緒下さいませ♪
  • RSS

  • 最新記事
  • フライパン(02/06)
  • 占い(01/22)
  • りんご2(11/10)
  • りんご1(11/09)
  • ゆで卵(11/06)

  • トラックバック