Butterfly Maiden〜Transformation
日々の出来事に感謝すること。幸せを感じること。よりよい人生を作り上げること。頑張ります!
2017 . 11 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2018 . 01
アーカイブ
  • 2009年02月(1)
  • 2009年01月(1)
  • 2008年11月(3)
  • 2008年10月(4)
  • 2008年08月(5)
  • 2008年07月(2)
  • 2008年06月(3)
  • 2008年05月(5)
  • 2008年04月(8)
  • 2008年03月(3)
  • 2008年01月(2)
  • 2007年12月(1)
  • 2007年11月(13)
  • 2007年09月(2)
  • 2007年08月(9)
  • 2007年06月(2)
  • 2007年05月(12)
  • 2007年04月(18)
  • 2007年03月(23)
  • 2007年02月(16)

  • コメント
  • ももにる(11/06)
  • ひろみ(11/05)
  • ももにる(07/30)
  • やなぎはっか(07/23)
  • ももにる(07/08)
  • やなぎはっか(07/06)
  • やなぎはっか(07/04)

  • カテゴリー
  • 未分類 (1)
  • はじめに (4)
  • ももにるんち (13)
  • 食事 (19)
  • お掃除 (7)
  • スピリチュアルとか (6)
  • お買い物 (6)
  • つくること (24)
  • ほんわか (7)
  • おやつ (4)
  • シンプルライフ (19)
  • 練習 (1)
  • 道具 (4)
  • つぶやき (12)
  • なるほど♪ (3)
  • 本 (3)

  • リンク
  • SWEETSライフ・・・青い森の国から
  • 風のゆくえ
  • こてふらん

  • ゆで卵
    得意料理はなんですか?

    ももにるは、そう聞かれるたびに「ゆで卵」って答えてました。
    ええ、レパートリーがないだけなんですが。

    ところが、夫のももぷには卵が嫌い。
    卵くさいもの、生の卵、生煮えの卵・・・すべて嫌いなのです。
    とはいえ、全く食べないというわけじゃないんですよ。

    しっかり熱の通ったゆで卵、玉子焼き、オムレツ、どんぶり・・・ああ
    普通は半生でふわふわ柔らかいのがおいしいこれらを念をいれて火を入れるのです。
    もったいない・・・

    しかし、ゆで卵って奥深いんです。
    しっかり火が通って、鉄分で青くなってなくて・・・
    あ?言い訳ですね。

    その昔石井好子さんの「パリの空の下オムレツのにおいは流れる」って本を読んだとき、ゆで卵を使ったお料理がでてきました。

    読んだのが30年ほど前なので記憶は定かでないのですが、
    半生、というか白身に火がやっと通った卵を、傷つけないようにそーっと剥いてそれにホワイトソースをかけるというお料理でした。
    ゆで卵をきれいに剥くのが大変なんだということでした。

    その半生のゆで卵を作って、ぜひともそのお料理を作りたい。
    そう決めていたんですけどね。。。
    半生が厳禁の我が家。
    ○十年たっても作っていないんですよ。おやおや・・

    さて、ゆで卵はどうやって作りますか?

    ももにるの作り方は、完全に火が通る必要があるので固ゆでです。
    でも12分も茹でません。
    茹で時間は5分でできるので、是非お試しください。

    1.必要な個数入るミルクパンやお鍋に卵をきっちり並べる
     (少しだけ余裕があるくらい。)

    2.水をかぶるくらい(ひたひたではありません!)入れる

    3.蓋をして、火にかける。

    4.沸騰したら5分間タイマーをかけて弱火で茹でる
      このとき常に表面の湯が少し揺れていることが大事です

    5.5分したら火を止める。蓋をしたままそのまま放置。だいたい20分〜30分くらい


    これだけです。お試しください。
    ももにるは、ゆで卵が必要な料理があるとき一番最初にゆで卵の鍋を火にかけます。
    そして、放置。
    使う頃に固ゆでになっています。

    ポイントは鍋の大きさ、蓋をすること、そしてお湯に卵が浸っている必要があります。
    鍋は3層鋼鍋など高価な鍋でなく何でもいいです。
    薄いアルミは冷えるのが早いのでもう少し加熱時間が必要です。

    卵の大きさは、Lまで大丈夫です。
    ただし、遠足やお弁当などにはしっかりと火を通したいのでこれはおうち用です。

    けれど火が通っているかどうかは、実は簡単にわかるんですよ。
    菜ばしで卵をつかんでみてください。
    生のものは重心が定まらないのでふらふらしますが、火が通ったものはきちんと簡単につかめます。
    小学生のときにやりましたよね。

    それと放置時間は、あんまり気にしたことないのでだいたいの時間を書きました。
    お好みの時間を設定してください。

    よく忘れて青くしちゃうんですよ・・・・

    そういえば、卵の殻を剥きやすくするには冷蔵から出したての冷たい卵にお湯を入れて茹でればいいと聞いたことがあります。
    その方法を試すのであれば4以降を同じにすればいいと思いますが、その場合卵が冷たいので加熱時間は少し伸ばす必要が出るかもしれません。

    また、半熟にしたいのであれば加熱時間を減らせばいいけれど、作るたびにばらつきが出てしまうのでこれは普通に作った方がお好みに合わせやすいかと思います。

    おいしいゆで卵を作ってくださいね






    プロフィール momonil
  • Author:momonil

  • ももにるの世界へようこそ。
    普通な毎日を素敵な毎日に換えていきましょう。
    どうぞご一緒下さいませ♪
  • RSS

  • 最新記事
  • フライパン(02/06)
  • 占い(01/22)
  • りんご2(11/10)
  • りんご1(11/09)
  • ゆで卵(11/06)

  • トラックバック