Butterfly Maiden〜Transformation
日々の出来事に感謝すること。幸せを感じること。よりよい人生を作り上げること。頑張ります!
2017 . 11 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2018 . 01
アーカイブ
  • 2009年02月(1)
  • 2009年01月(1)
  • 2008年11月(3)
  • 2008年10月(4)
  • 2008年08月(5)
  • 2008年07月(2)
  • 2008年06月(3)
  • 2008年05月(5)
  • 2008年04月(8)
  • 2008年03月(3)
  • 2008年01月(2)
  • 2007年12月(1)
  • 2007年11月(13)
  • 2007年09月(2)
  • 2007年08月(9)
  • 2007年06月(2)
  • 2007年05月(12)
  • 2007年04月(18)
  • 2007年03月(23)
  • 2007年02月(16)

  • コメント
  • ももにる(11/06)
  • ひろみ(11/05)
  • ももにる(07/30)
  • やなぎはっか(07/23)
  • ももにる(07/08)
  • やなぎはっか(07/06)
  • やなぎはっか(07/04)

  • カテゴリー
  • 未分類 (1)
  • はじめに (4)
  • ももにるんち (13)
  • 食事 (19)
  • お掃除 (7)
  • スピリチュアルとか (6)
  • お買い物 (6)
  • つくること (24)
  • ほんわか (7)
  • おやつ (4)
  • シンプルライフ (19)
  • 練習 (1)
  • 道具 (4)
  • つぶやき (12)
  • なるほど♪ (3)
  • 本 (3)

  • リンク
  • SWEETSライフ・・・青い森の国から
  • 風のゆくえ
  • こてふらん

  • 児童書コーナー
    「西の魔女が死んだ」という本を借りたとき、初めて児童書コーナーに踏み込みました。

    児童書だから、昔話や百科事典や物語全集、歴史小説、偉人伝などが並んでいると考えていたのですが。

    最初に目に飛び込んできたのが、漫画でした。

    タッチ、花より男子、エースを狙え、サイボーグ009・・・

    時代もジャンルもいろんな漫画。
    いまどきの図書館には、漫画があるのにびっくりしました。

    絵本や偉人伝はお約束でおいてありましたが、ももにるが小さい頃に読んだ本は少数でした。
    今は新しい児童向けの本が沢山出版されているんですね。

    落合啓子さんのクレヨンハウスの本の頒布会やその他の団体の本の頒布会があるのをご存知ですか?

    そのパンフレットをたまたま郵便局の待合室で見たことがあったのですが、そこには比較的古典?の児童書が並んでいました。

    ベストセラーってかわらないものだなと思ってたんですけどね。
    日々児童書も進化していたんですね。

    そして、児童書を見渡してはじめて気が付いたことがあります。
    それは、児童書のタイトルやテーマに「魔女」や「魔法」といったものが多く取り扱われていたことです。

    考えてみれば魔法や魔女は昭和のテレビ世代からずっと子供の話の話題の中心でした。
    昔話や物語ってあんまり人気じゃなかったです。

    漫画も魔法や空想を扱ったものが殆ど。
    最近ではハリーポッターやペギースーなど、やはり現実とは離れた仮想世界の魔法が中心の本が大人も巻き込んで話題となりました。

    本を読まない子供や大人までもが本をむさぼるように読んだということでは、ハリーポッターはとても貢献していると感じます。

    大人になってあらためて、子供はこういった夢みたいな話に夢中になるものなのかなと不思議ささえ感じます。

    一方で「魔法」とか「魔女」のような今の世界では公に現実的でないとされるものが受け入れられることに、深遠な意味をも感じてしまいました。

    今週はお子さんと児童書コーナーに出かけてみませんか。
    お子さんと同じ本やジャンルのものを手にとって、実際に読んでみませんか。

    お互いの視点はかなり違ったものであることに、きっと驚かれることでしょう。

    童心に返って読むもよし、子供の頃に読んだ本を大人の視点であらためて読み直すもよし。


    秋の夜長、読書を楽しんでみてはいかがでしょう。
    よい週末をおむかえください

    西の魔女が死んだ
    「西の魔女が死んだ」

    という本をご存知ですか。
    つい最近映画になったことで知りました。
    とてもよかったと評判になりましたね。

    ももにるは本も映画も見たことがありませんでした。
    映画は、シャーリーマクレーンさんのお嬢さんがおばあちゃんの役で出演なさっていると聞いています。
    いつか見に行こうと思いつつ、映画は苦手なのです。

    映画って、首が痛い・・・・
    それと昔の映画館のイメージが強すぎてなんとなく敬遠してしまいます。

    昔のイメージとは、暗いし人が多いしトイレは込むし、なんとなく人が気になって集中できない・・・


    まあそれは置いといて。

    ももにるのところには大きな本屋さんはありません。
    しかし話題の書ならば、もしかして図書館にあるかも?といってきました!

    検索をかけると、ちゃんとありましたよ。
    びっくりしたのが、この本は児童書の分類だったのですね。
    でも、大人でも十分楽しめる本でしたよ。

    内容は紹介されているブログもあるし映画もあるので詳しく書きません。

    大雑把に言うと。
    おばあちゃんが倒れたという連絡を受けて、主人公のまいちゃんとママが車でおばあちゃんのところに向かうところから始まります。

    まいちゃんはその2年前学校を暫くおやすみして「西の魔女」であるおばあちゃんと暮らします。

    大好きなおばあちゃんとの生活も最初は遠慮があったけど、おばあちゃんからいろんなことを教わりながら、心の交流を深め主体性をも身につけていきます。

    しかしある日まいちゃんの思い込みによる他人のひととなりの判断と口に出してはいけない言葉に、まいちゃんへの愛ゆえにおばあちゃんは手を上げます。

    そのことがわからないまいちゃんは、ちいさなわだかまりを残したままうやむやに自分の生活に戻っていきます。

    結局おばあちゃんとは言葉をかわすことなく2年の月日が過ぎ、おばあちゃんの危篤の知らせ。

    死に目には会えませんでしたが、まいちゃんはおばあちゃんからのメッセージを見つけます。
    それは、おばあちゃんとの間に交わしてあった約束でした。

    忘れずにいてくれたおばあちゃん。
    まいちゃんはその愛を感じそして、愛を送り返します。



    このお話で興味深かったのは、名前が殆ど出てこないところです。
    見当たるのが まいとゲンジ の2つくらい?

    あとはおばあちゃん、ママ、パパ、おかあさん、おとうさん・・・
    固有名詞ではなく役割でしか呼ばれていないのです

    家族の愛や役割をテーマにして特殊な家族像でなく広く普遍的な家族のあり方を描いたということでしょうか。

    とても面白かったし、お子さんがいらっしゃったらぜひ一緒に読んで感想を述べ合うというのもいいかもしれません。

    ももにるは、今度は映画を見たいです

    お知らせとお礼
    こんにちは

    ももにるからのお知らせとお礼です


    楽しいこと、嬉しいこと、人生のいろんな出来事の分かち合いを目的にしようと、このブログをはじめました。

    最初はスムーズに書いていましたが、だんだんと書くペースが落ちてしまいました。

    記事が滞った理由は、タイミングを逸したり、ブログの更新自体に時間をかけすぎてしまい時間的に不自由になったためです。


    勿論話題にも気をつけすぎて書けないことが多く。

    見渡してみれば他の殆どのブログはテーマを絞って書かれています。
    来る方も話題を期待しながら訪問されているのでしょう。

    ももにるは生活を中心にいろんな話題をごちゃまぜにしていました。
    でもこれはこれで良いと思っています。
    だって人生ごちゃまぜで、嬉しいこと楽しいこといろんなことがあるんですもん。

    ただ読んでいただく方にはちょっと申し訳なく感じました。

    せっかくはじめたのだから、まだまだこのブログは続けます。
    どうぞお付き合いくださいね。

    しかしこれからブログを書いていく上で、これまでの路線は少し変更しようと考えています。

    また、コメント欄への不快で卑劣なやり方の書き込みが往々にしてあり暫くコメント欄は閉鎖します。

    せっかく読みに来てくださる方に不快な思いをさせては申し訳ないので、様子を見て承認制のコメントへと切り替えようかと考えています。

    さらにブログランキングへの参加を取り消しました。
    これまで応援くださった皆様、どうもありがとうございました。


    果物
    10月になりました。

    すっかり秋ですね。
    この季節になると、沢山の果物が登場してきます。

    梨、みかん、りんご、洋梨、ぶどう、プルーン・・・

    スーパーの果物売り場では、甘い香りと果物の鮮やかな色に目と心を奪われてしまいます。
    産直や道の駅などにいったら、その土地の果物が沢山並んでいて、どれを買うかとても悩みます。

    ももにるんちは、基本的に果物を常備している訳ではありませんでした。
    スーパーの安売りがあったら買うという程度。
    果物がなければ!という感じではなかったのです。

    ところが、今住んでいるところは寒い地方にもかかわらず果物がとても豊富なのです。
    お値段も立派なのですけれど・・・

    それに、この地方の方は果物がとっても好き。
    必ずスーパーの果物売り場の前で立ち止まって品定めし、かごに入れていっているのをみます。

    それをみていて、ついつい影響されてしまいました。
    このところ、食後は必ず果物をいただいています。

    果物は、決してカロリーが低いわけではありません。
    ヘルシーなイメージがあるけれど、果糖たっぷりです。
    食べすぎや食べ方には注意が必要です。

    けれど、油分を含まず、水分たっぷりで満足感が得られ易く、食後の口の中をさっぱりしてくれます。
    果物の色やさまざまな芳香が心も体も満たしてくれます。

    ももにるの住む県は、りんごの産地です。
    といっても、ももにるの住んでいるところには全くりんごの木はありません。

    先月、りんごの収穫前にドライブがてら産地をたずねてみました。
    りんごが木になっているところなんて、これまで想像すらしたことはありませんでした。
    イメージは木にうっそうと緑の葉っぱが茂っていて、そこに赤くて丸いものがぽんぽんなっている、子供の絵?みたいなの。

    半分イメージ通りでしたが、しかし感動はまったく別でした。
    特別に囲ったりんご園があると信じていたのですが、道路からみえるところに沢山のりんごの木がありました。

    りんごの木には、赤いりんごがたわわになっていました。
    それが一面にあるのです。
    重さで枝が下の方に下がっているものもあり、まさにりんごが生命の実にに思えました。

    ももにるはりんごが大好き。
    冬は寒くて大変だけど、この光景がとてもいとおしくて、この地にいる限り毎年この風景を見たいなと思いました。

    このときのドライブで産直に立ち寄り、何種類かのりんごと果物を買いました。
    りんごは、種類によって収穫時期が違います。

    ももにるの大好きな紅玉やフジは10月以降でないと出ないので、早めに出る種類を買いました。
    「つがる」「早生フジ」「さんさ」「こうりん」そしてぶどうの「ナイアガラ」や「スチューベン」、プルーン、ネクタリンを買いました。
    (後からこうりんと早生フジは同じもの?と気が付きました・・・)

    洋梨もラフランスくらいしか知らなかったのですが、他にも種類が沢山あるのですね。
    ただ、そのときは果物の買いすぎで、洋梨はあきらめました。

    沢山の収穫を抱えてドライブから帰ったのはよかったのですが。
    せっかく整理しようと志していた冷蔵庫はぎゅうぎゅうぐちゃぐちゃになってしまい、整理前よりひどいことに。
    10月になってようやく隙間が見えてきました・・・

    (よって冷蔵庫の整理はまだ終わっていません。それどころか今冷凍庫が大変なことに・・・!)

    りんごは文句なくとてもおいしかったですよ!
    とくに、小さいながらもジューシーなサンサが気に入りました。
    そろそろ在庫がなくなってきたのでまた調達に行ってきます。

    今度は前回の反省を生かし、もうちょっと計画的に購入したいです・・


    冷蔵庫の整理
    すっかり涼しくなってきましたね。
    今年は異常気象でしょうか、8月で秋めいてきたところが多いようですね。

    ももにるは北国に住んでいます。
    もう長袖の服を着て、冬用のお布団で寝ていますよ。
    ちょっと早い気はしますが・・・

    そろそろ9月。
    9月といえば、食中毒の多い季節です。
    梅雨の時期や盛夏だけでなく、9月に多いのは意外ですね。
    もっとも、ももにるの住む地域に多いのかどうかは知りませんが・・・


    以前は涼しくなってから冷蔵庫の整理をしていました。
    でももう十分涼しいので、そろそろ冷蔵庫の中身を入れ替えることにしました。
    あまりに寒くなってからでは冷凍庫の掃除がつらくなっちゃいますからね。

    冷蔵庫の中って、回転させているつもりでもなんだかダラダラといつまでもとっていたり、食べもしないのに見てみぬ振りをしているものがあります。

    ただの場所取り、無駄とわかっていつつ手をつけるのが怖いのです。
    それと、買い物がへたくそだったと認めたくない気持ちも手伝って、いつかいつか・・・と放置。

    これだと食品庫というより、食品のお蔵です。
    お蔵って。。。お宝がずーっと眠っているけど、中身の価値がわかっている人が管理しているか目利きが現れるまではただの物入れですよね・・

    せっかくある冷蔵庫。開けてわくわくしたいですよね。
    楽しみな食材や食べ物が入っている夢の箱(って思うのはももにるだけ?)なんですもん。

    ところで冷蔵庫って電気代も結構かかっているんです。
    食べない、食べる当てがないものに毎日毎時間電気が使われて浪費されちゃっていると考えると申し訳ない。

    そこで9月は、使ってない、使う当てがないものを発掘して使い切る月間にしてみませんか。
    思わぬ使い方やおいしさを発見したり、ああ、もうこれは今後買わなくていいやっていう発見が出来ますよ。

    買わなくていいとわかるだけでも、大いに収穫です。
    だって、今後は買わないので冷蔵庫に鎮座することは無くなるんですもの。
    ほかで代用しようとか、思い切って作ってしまおうなどアイデアは出てくるものですので、挑戦してみてくださいね。

    やっぱり必要だから買わなくちゃって思った時は、サイズダウンをしてはいかがでしょうか。
    確かに容量が多いものほどお得で、小分けのものほど割高です。

    しかしいつまでも古いものを使わなければならなかったり、使っている途中で廃棄するよりは結局はお得になります。
    小分けのものを使いきって新しい物の封を切る瞬間って、とっても気持ち良いですよ。

    ももにるんちの冷蔵庫には、調味料類と使いかけのお菓子の材料が結構沢山あるんです。
    夏も終わりだし、そろそろそれも使い切ったり見直したりしないとね。

    買う楽しみ、使う楽しみも味わいたいので、9月は「冷蔵庫使いきり月間」を張り切ってがんばっちゃいます。
    そして秋には新しい食材を買い込みたいと思います。

    みなさんも9月は冷蔵庫見直し月間にしてみませんか。
    これからボチボチと大掃除の手はずを整え始めると、師走はあわてずにゆったりすごせますよ。

    健康できれいな毎日を送れるように、一緒に実践しませんか






    プロフィール momonil
  • Author:momonil

  • ももにるの世界へようこそ。
    普通な毎日を素敵な毎日に換えていきましょう。
    どうぞご一緒下さいませ♪
  • RSS

  • 最新記事
  • フライパン(02/06)
  • 占い(01/22)
  • りんご2(11/10)
  • りんご1(11/09)
  • ゆで卵(11/06)

  • トラックバック